どの色がお好き?

園芸店に出かけたら色とりどりのシクラメンが咲いていた。
値段もピンからキリまである。
我が家ではあまり高いのは買えない。なぜかというと、
猫が花びらを食ってしまうのだ。
c0211778_23225390.jpg



c0211778_23230161.jpg



c0211778_23230881.jpg



c0211778_23231626.jpg



c0211778_23232412.jpg



c0211778_23233576.jpg



c0211778_23234389.jpg



c0211778_23234933.jpg



c0211778_23263663.jpg

# by orine3 | 2018-12-09 08:10 | 花・昆虫 | Comments(4)

茨城の御当地ラーメン 2

日本で初めてラーメンを食べたのは水戸黄門こと、徳川光圀と言われている。
光圀が大日本史編纂の助言を得るため、水戸藩に招いた中国の儒学者「朱舜水」が、
光圀に汁麺を献上したという記録が残っている。
水戸藩ラーメンはそのレシピを再現したものだ。

c0211778_22274168.jpg


茨城大学の近くにある「宝珍楼」に水戸藩ラーメンを食べに行った。
c0211778_22305489.jpg


店内の様子、見事に昭和の雰囲気が漂う。
c0211778_22323542.jpg


壁にはメニュー表がぎっしり貼ってある。
c0211778_22324795.jpg


単品メニューも充実しているが、コレ全部店主一人で作っているのだ。
c0211778_22332476.jpg


セットメニューがリーズナブル!
どんぶり物とラーメンがセットになって1000円でお釣りが来る。
さすが学生街の中華屋さん!
c0211778_22333444.jpg


陸上部セット、サッカー部セット、バスケ部セット、茨大技術科セット、ジャズ研セットなどもある。
c0211778_22350051.jpg


なになに?みとちゃんらーめん?こんなのもあるのか。
御当地ラーメンのニューフェイスのようだ。
c0211778_22351834.jpg


コレが「水戸藩ラーメン」
スープは澄んだ薄茶色、トッピングはチャーシュー、しいたけ、チンゲンサイ、
チャーシューの上にはクコの実が乗る。
c0211778_22361113.jpg


味は薄味、あっさり味、麺にはレンコンが練り込められている。
こってり味に慣れている人にはもの足りないだろうが、血糖値を気にする人には
とても良いだろう。
c0211778_22362642.jpg


付け合わせの薬味として、ネギ、ニンニク、ショウガ、ニラ、ラッキョウのみじん切りが入った小鉢が添えられている。
水戸藩ラーメンは、水戸市内の「石田屋」、「大興飯店」、「鈴龍」、「飲茶香房」、
「偕楽園レストハウス」、東京三鷹市「杏苑」、京都太秦映画村内「喜らく」でも提供されている。
                      
c0211778_22363451.jpg



コレがみとちゃんラーメン」、
梅と納豆、紅ショウガがトッピングされていて、これも体に良さそうだ。
ただ、半ライスが付いて来る。
c0211778_22382020.jpg



c0211778_22385081.jpg

特別出演、
柔道部ご用達のジャンボオムライス」!
c0211778_22392147.jpg


かわいい女子大生とのコラボがなんとも微笑ましい!
c0211778_22392922.jpg


茨城県には茨城大、筑波大、流通経済大の近くに学生に優しいデカ盛りの店がたくさんある。
すごいぞ茨城県!頑張れ茨城県!いつまでも最下位なんて言わせるな!
c0211778_22393848.jpg


これが本当のみとちゃんらーめん







# by orine3 | 2018-12-07 06:00 | グルメ | Comments(2)

納豆製品こんなにあるぞ!


贈答用の詰め合わせセット、3000円~5000円ぐらいがよく売れる。

c0211778_21184421.jpg


見事なくらいに納豆風味!
c0211778_21185584.jpg


みとちゃんはラーメンにもなっている。
c0211778_21190126.jpg


コレもなかなかイケるぞ!
c0211778_21190804.jpg


粘るのが苦手な人はコレかな?
c0211778_21191610.jpg



c0211778_21225114.jpg



c0211778_21192515.jpg



c0211778_21201479.jpg



c0211778_21202156.jpg


コレが一番興味があるかな。今度買ってみよう。
c0211778_21203781.jpg



c0211778_21205480.jpg



c0211778_21210206.jpg



# by orine3 | 2018-12-06 08:10 | グルメ | Comments(0)

茨城の高級納豆

水戸を中心に、納豆は茨城県内で広く生産されている。
水戸発ブランド「くめ納豆」、創業100年を超える老舗ブランド「天狗納豆」、
低価格の「おかめ納豆」などは全国的にも定番だが、
納豆名産地で育った茨城県民に一番評判がいいのは「舟納豆」だ。
c0211778_02595294.jpg


ふねではなく「ふななっとう」と読む。
銀座にある茨城県のアンテナショップ「茨城マルシェ」で人気No.1になった。
県内では直営店のほか、道の駅かわプラザ、京成デパート、土浦イオン、
都内では小田急新宿店、東急東横店で買うことができる。
c0211778_03000215.jpg



c0211778_03000932.jpg



c0211778_03002886.jpg



c0211778_03003735.jpg



c0211778_03004876.jpg



c0211778_03010432.jpg


長嶋茂雄さんイチオシの高級納豆。
この納豆は、ご飯に載せるのではなくタレをかけたら一粒ずつ食べるらしい。
c0211778_03011253.jpg


お買い上げ、ありがとうございました。
c0211778_03012056.jpg









# by orine3 | 2018-12-05 08:10 | グルメ | Comments(2)

晩秋の花園渓谷(北茨城市)


北茨城の撮影ドライブ、目的はコレでした。
c0211778_23030228.jpg



c0211778_23031285.jpg



c0211778_23032185.jpg



c0211778_23032968.jpg



c0211778_23033890.jpg



c0211778_23034623.jpg


与四郎の滝
c0211778_23035306.jpg





# by orine3 | 2018-12-04 08:10 | 風景スナップ | Comments(0)

映画「天心」ロケ地を訪ねて



北茨城市にある映画「天心」のロケ地を訪ねた。
c0211778_23473469.jpg


「日本美術院研究所」のロケセット
c0211778_21333585.jpg



c0211778_21335188.jpg



c0211778_21335879.jpg



c0211778_21341350.jpg



c0211778_21342253.jpg



c0211778_21343075.jpg


「屈原(くつげん)」  
横山大観 1898年作 厳島神社蔵
映画「天心」用複製
c0211778_21352042.jpg


「賢首菩薩(けんじゅぼさつ)」
菱田春草 1907年作 東京国立博物館蔵
映画「天心」用複製
c0211778_21353244.jpg


日本近代美術の父 岡倉天心像
c0211778_21354862.jpg


映画「天心」予告編 
主題歌は北茨城市出身の石井竜也が歌った。



# by orine3 | 2018-12-03 08:10 | 風景スナップ | Comments(0)

六角堂(北茨城市)

六角堂(北茨城市)


茨城県北茨城市大津町五浦にある六角形の建造物。
明治時代に岡倉天心が思索の場所として自ら設計したもので茨城大学が管理する。
2011年の東日本大震災に伴う津波の直撃を受け、土台のみを残して消失したが、
2012年4月に再建された。(Wikipediaより)
c0211778_23285383.jpg



c0211778_23291228.jpg



c0211778_23292417.jpg



c0211778_23293455.jpg



c0211778_23294505.jpg



c0211778_23295472.jpg



c0211778_23300382.jpg



# by orine3 | 2018-12-02 08:10 | 風景スナップ | Comments(2)

そびえ立つ天ぷら

北茨城市にデカ盛りの丼があると聞いたので行ってみた。
先日の検査でヘモグロビンA1cが下がったので自分への御褒美に・・・。

c0211778_20480133.jpg



c0211778_20480926.jpg

ここは海鮮丼も有名なのだが、先客のテーブルの上を見たら天ぷらが食べたくなった。
この量の天ぷらが一人分とのことだった。
刺身の切り身もすごくでっかい。

c0211778_20481954.jpg

天丼を注文したら、まず、塩辛、しば漬け、あら汁、お茶、天ぷらのタレ、
取り皿、なぜかハサミが並べられた。

c0211778_20482901.jpg


そこへド~ンと置かれたインパクト大の天丼!
c0211778_20483974.jpg


丼の蓋が天ぷらを支えていて倒れない様になっている。
なるほど、蓋にはこんな使い方があったのか・・・。
c0211778_20484949.jpg


ハサミは天ぷらを小さく切って食べるのに使うらしい。
だが、どこから手を付けたらいいのやら・・・。
c0211778_20492143.jpg


しばしの間、丼をグルグル回して眺めてしまった。
てんぷらの生け花か・・・。
上手に生けたもんだ、だが、海老は無いようだ。
ハサミで切ると、衣がボロボロこぼれてしまう。
天ぷらの油がご飯に染み過ぎて、う~ん、
ギブアップ!

c0211778_20493115.jpg
とても食べ切れず半分以上持ち帰ってしまった。
もう当分の間天ぷらは食べなくてもいいかな・・・。

海鮮丼は↓の動画でご覧ください。






# by orine3 | 2018-12-01 08:10 | グルメ | Comments(0)